メンヘラ体験記

【大丈夫】存在価値がないと思いがちな人の3つの特徴

存在価値がないと思いがちな人の3つの特徴

自分には存在価値なんてない…そう思ってしまい、中には命を絶ってしまう人も少なくありません。しかし、存在価値がない人なんてこの世にはひとりもいません。そこで存在価値がないと思っている皆さんににご自身の価値について気付いてもらいたいと思います。まず、存在価値がないと思いがちな人の特徴について3つ挙げたいと思います。一つ目は「他人の事が気になりすぎてしまう」ということです。そして二つ目は「自分と周りを比較してしまう」ということです。最後に三つ目は「できないことばかりが目に付く」ということです。これら三つに心当たりのある人もいらっしゃるのではないでしょうか。これからこの三つをもとに具体例を交えつつ人々のもつ価値についてお話ししたいと思います。

1.他人のことが気になりすぎる

あの子また上司に褒められている…、あの友人最近恋人ができたらしい…、あの子就職活動終わったんだ…など自分に存在価値がないと思う人は他人の事をいつも気にしてしまうという特徴があります。そこを気にするなとは思いません。しかし、よく考えてみてください。他人の事をいつも気にしている人は些細な事にも気づくことができているのではないでしょうか。あの人ネイル変えた、いつもよりテンションが高いなどの変化に気づくことができるのは強みだと思います。ですから、そこを活用しましょう!その気づいた変化を言ってあげてみてください。人は良くなった変化を褒められると絶対に喜びます。そして、褒められた人の反応を見たあなたもとても気分がよくなります。あ、いってよかったなと思えると思います。ぜひ言ってみてください。(もちろん、太ったなどのデリカシーのない言葉はだめですよ。)

2.自分と周りを比較してしまう

次に、自分に存在価値がないと思いがちな人は自分と周りをどうしても比較してしまいます。あの人はこれができているのに私は…、あの人はとても作業が早いのに私は…などすぐ比べてしまいます。いいですか皆さん、人には得意なこと不得意なことがあります。他人と比較して自分を奮い立たせる材料にするのはいいことですが比較するだけでは何もメリットはありません。そもそも自分に備わってない能力かもしれません。身につこうと思っていても身に着けることがで着ないことだってたくさんあります。ですから、比較はほどほどにすべきです。〇〇さんはこれができているすごいな…。この程度にとどめておきましょう。そうすると少し心が軽くなると思います。

3.できないことばかり目につく

これまで自分に存在価値がない人はどうしても他人と自分を比較してしまうということを言いました。そしてそのような人は大体自分のできないところ、だめなことがどうしても目についてしまうのです。もう少し考え方を変えてみてください。他人の事が気になりすぎる人は些細な変化にも気づくことができます。自分と周りを比較する人は自分がどの立ち位置にいるのか理解することができます。視点を変えてみてください。自分はダメだと思っていたことの裏側には実はあなたのいいところが隠されています。作業が遅くて悩んでいる人はその分作業の正確性には優れています。みんなにいいところというのは絶対にあるのです。それをぜひ覚えていてほしいです。

存在価値がない人なんて一人もいない!周りが認めてくれる環境を探そう!

いかがでしょうか。皆さん一人一人に必ず存在価値があります。自分のできないことの裏側には自分のできること、自分が誇れるものが隠されています。それをどうか探してみてください。絶対にすぐに見つけることができます。そして見つけたあなたのいいところを生かせるような場所がないか探してみてください。今いる場所があなたの良さを生かすことができなくてもいい場所を見つければとても楽しくいい気分で生活できると思います。私の話でどれだけの人が共感してくださったかはわかりませんし、私の話をすぐに忘れてしまう人もいるかもしれません。でももしよければ心の隅に今日お話したことを置いておいてもらえるといいなと思います。これからもお互いに頑張りましょう!