辛いときにやるべきこと

人の目を見れない5つの原因。【自然に人と会話できる方法も解説!】

こんにちは、長年悩んでいたメンヘラを克服したリナです。

あなたは「まっすぐ目を見て話すのが苦手…」「視線が合うと緊張して話せない…」と悩んではいませんか。

人と会話をするとき目を見て話すのが当たり前だと分かっていても、顔を逸らしてしまうことってありますよね。

 

とはいえ、視線を合わせられないと相手からの印象が悪くなります。

目が見れないだけで人に受け入れてもらえないのは辛いですよね。

 

そこで今回は、

  • 人の目がうまく見れない5つの原因
  • 人の目を見て会話ができる4つの方法

などを解説します。

相手の顔をまっすぐ見て話したいけど怖いと悩む人の参考になれば嬉しいです。

人の目を見れないと悩む人が増えている

人の目を見れない 悩む

「人の目を見れない…」

あなたは今、ただ目を合わせるだけなのになぜか上手くできず悩んでいると思います。

対面して人と話すとき、

  • どうして良いか分からない
  • 目を見ると話したいことを話せなくなる
  • 頭が混乱して汗が止まらなくなる

という状態になったことはありませんか。

「自分だけが上手く話せていないんじゃないのかな…」と不安になりますよね。

 

でも、最近では相手と視線を合わせられない若い人が急増しているのです。

悩んでいるのはあなただけではないので、安心してくださいね。

人の目がうまく見れない5つの原因。当てはまるかチェックしよう

人の目がうまく見れない 原因

人の目がうまく見れないのは5つの原因があります。

  • 原因1.社交性が低くてうまく話せてるか不安になる
  • 原因2.自分が嫌いだから相手に見て欲しくない
  • 原因3.人と比べて自分は下の存在だと思う
  • 原因4.過去に人に傷つけられたことがある
  • 原因5.自分を見透かされるようで怖い

自分に当てはまるものはないかチェックしてくださいね。

原因1.社交性が低くてうまく話せてるか不安になる

社交性が低くてうまく話せてるか不安になると人の目が見れなくなります。

あなたは人と話をしていても、

  • 相手の顔色を気にしすぎる
  • 沈黙が怖いけど上手く喋れない
  • 話の内容が他人に伝わっていない気がする

など頭の中で気になる点が多すぎて、人の目を見る余裕がないのではないでしょうか。

人と話す経験が足りないと話すこと自体が不安になりやすいです。

 

もし他人と話す練習をしたいなら[チャットレディテキスト]を利用すると良いかもしれません。

オンライン上で会話するだけなので、実際に人と会って話すより緊張しなくて済みますよ。

人見知りだと、人と視線を合わせるのが苦手になります。

原因2.自分が嫌いだから相手に見て欲しくない

人と目を合わせられないのは、自分が嫌いで相手に見て欲しくないと思っているからです。

あなたは自分の容姿に自信がありますか。

人の目を見れない人は自分が嫌いな人が多いです。

自分が好きでないと他人と会話をしていても、

  • 嫌いな自分は相手の視野に入って欲しくない
  • 相手にブスだと思われているかも…

ネガティブな考えが大きくなります

自分に自信がないので、他人から目をそらして自分を守ろうとするのです。

原因3.人と比べて自分は下の存在だと思う

人と比べて自分は下の存在だと思うと人と視線を合わせられません。

相手が自分より優れていると思うと、

  • 話すとき変に緊張する
  • 自分なんてこの人と話すほどの価値がない

と、劣等感で心がいっぱいになってしまいます。

人はみんな平等なものですが、自己肯定感が低いと自分の存在意義を疑ってしまうのです。

自分はどんな人とも対等な存在だと認識したいなら、[パパ活テキスト]で大人の男性と会話する経験を積むのがおすすめ。

性別や立場の違う人との時間はあなたの視野を広げてくれます。

自分を過小評価していると相手の目を見て話せません。

原因4.過去に人に傷つけられたことがある

過去に人に傷つけられたトラウマを抱える人は、人の目を見て会話するのが苦手です。

これまでの家庭環境や友達との関係の中で、

  • 考えを否定された
  • 存在を受け入れてもらえなかった

など、心に傷を負った経験はありませんか。

一度精神にダメージを受けると簡単には立ち直れませんよね。

他人と話していても「嫌われたくない…」「人の言葉でこれ以上傷つくのは嫌だ…」と閉鎖的な気持ちになってしまいます。

 

その結果、人と視線を合わせられなくなるのです。

原因5.自分を見透かされるようで怖い

自分を見透かされるようで怖いと思うと人の目を見れなくなります。

他人に自分の気持ちを見通されるのが嫌なのは、

  • 自分の考えに自信がない
  • 本当の自分を知られたくない

という不安からくる感情です。

今まで自分の気持ちを誤魔化してきた人は、話すときに目線を反らして本音がバレないようにします

誰もが本音と建前を使い分けて生きていますが、建前ばかりだと精神的に不安定になるのは当然です。

そんな人は近い存在の人に自分の気持ちを表現するよう意識しましょう。

 

ここまで上げた特徴を持つ人は、基本的に自己肯定感が低い傾向にあります。

自己肯定感を上げてしまえば、大きく改善するでしょう。

とはいえ、どうやれば自己肯定感を高めることができるの分からないですよね。

私の無料のLINEマガジンでは、自己肯定感の高め方や私が自分を変えるための方法について発信しています。

興味がある方は、ぜひ登録してみてくださいね。

あまりにも人の視線が気になる…。対人恐怖症になる可能性が大きいかも

人の視線 対人恐怖症

もしあなたが人と視線を合わせられないだけでなく、

  • 話すだけで手が震える
  • 息苦しくて言葉も出てこない

という状態であったら、対人恐怖症になる可能性が高いです。

対人恐怖症になると人と目を合わせられないだけでなく、

  • 人の視線や動きが過剰に気になる
  • 自分の行動が注目されてる気がして緊張する
  • 遠くで人が会話しているのは、全部自分の悪口だと思う

など、周りの出来事の全てを被害妄想して自分を責めるのです。

そうなると日常生活にも支障がでる上、周りからも孤立していきます。

症状が軽いうちに正しい対処方法を身につけないと、取り返しがつかなくなるのです。

人の目が見れないと他人から悪い印象を受けやすい

人の目が見れない 悪い 印象

「人の目を見るのは苦手だけど、なんとか生活はできてるから今のままで大丈夫」と軽く考えてはいませんか

相手と目を合わせないと、

  • 人として信頼されない
  • 話している内容が嘘なんじゃないかと疑われる
  • 相手を不安にさせる

というデメリットが多くあります。

目を見ないだけで周囲の人からの印象が悪いのは辛いですよね。

現状を変えるにはで人と目を合わす機会を自分で作ることがおすすめです。

自発的に動いていかないと、いつまでも苦しいまま前に進めません

人の目を見て会話ができる4つの方法。意識すれば改善する!

人の目を見て会話 方法

人の目を見て話をして、良い人間関係を築けたら人生は充実します

あなたはまだ相手と視線を合わせる方法を知らないだけです。

ここでは人の目を見て会話ができる4つの方法を紹介します。

  • 方法1.他人は自分が思うよりも自分に興味がないと知る
  • 方法2.自分の長所を認める
  • 方法3.あえて相手の目を見ないように意識する
  • 方法4.大事なポイントだけ目を合わせる

方法1.他人は自分が思うよりも自分に興味がないと知る

あなたは今まで人と話すとき「今どう思われてるんだろう…」「苛立たせていたらどうしよう…」と過剰に人の視線が気になり、息苦しかったと思います。

 

まずはその考え方を変えましょう。

自分が思うより他人はあなたに興味がありません

みんな自分のことで精一杯なので、あなたばかりが他人を気にしていては損です。

会話する中で多少失敗があっても相手はあまり覚えていないものですよ。

自分の言葉を怖がらずに軽く発言するくらいがちょうど良いかもしれません。

方法2.自分の長所を認める

人と目を合わせたいなら、自分の長所を認めてください

あなたは人の視線が気になって上手く会話できない自分が嫌いかもしれません。

 

しかし見方を変えればあなたは、

  • 人の気持ちに寄り添える
  • 他人の意見を優先する優しさがある

という長所を持っているのです。

人の目を見て話せないのは、話す内容も話している自分自身も認められないから。

自分を好きになれば、人と話すときも気持ちがポジティブになります。

そのため、リラックスして人と視線を合わせられるのです。

 

また、他人にあなた自身を受け入れてもらうと自分で認めるよりも自信を持てます。

最近では承認欲求を満たすために、[パパ活テキスト]を使う若い女性も多いです。

自分や周りの人から認めてもらう経験を繰り返すと、自然と人の目を見て会話できます。

方法3.あえて相手の目を見ないように意識する

あえて相手の目を見ないように意識すると「人の目を見て喋らなきゃ…」という圧迫から解放されます。

直接視線を合わせると緊張するなら、

  • 相手の目と目の間
  • 鼻の先端の少し上

あたりを見ると良いでしょう。

あなたとしては目が合っていないので不自然に思うかもしれません。

 

しかし相手はあなたが目を見ていないと気づかないくらい、違和感がないのです。

「目を合わせるのはやっぱりまだ怖い…」と思うなら、目以外の部分に注目して会話をしましょう

方法4.大事なポイントだけ目を合わせる

視線を合わせて会話したいからといって、常に目を見る必要はありません

あなたはこれまで「目線を合わせないといけない」「ずっと目は見続けるべき」と気負いすぎていた部分があると思います。

 

しかし話の重要なポイントで目を見るだけで、相手に信頼を与えられるのです。

逆にじーっと目を見続けると相手も少し怖くなりますよね。
視線を合わせるのが苦手なあなたと同じです。

全く目を合わせない訳ではないので、程よい距離感を作れます。

 

私の無料のLINEマガジンでは、ブログで紹介しきれなかったポイントなども発信しています。

今の自分から変わりたい人や、自己肯定感を高めたい人は是非登録してみてくださいね。

すぐに行動しよう。今のままだと日常でも悪影響が出る可能性も…

行動 日常 悪影響

今までは人の目を見られなくても、なんとかなっていたかもしれません。

 

でも、これからはどうでしょうか。

人と視線を合わせないままでいると、

  • 新しい環境になったとき上手く馴染めない
  • 人の視線が自分に向けられることも怖くなって、外に出られなくなる

と、生活に悪影響がでる場合もあります

今すぐに人と会話する練習をしないと自分の殻に閉じこもる一方です。

 

昔の私もそうでしたが、一度自分の殻に閉じこもってしまうと抜け出すのは大変です。

そうなる前に、自分に自信をつけていくことが大切。

私の無料のLINEマガジンでは、自己肯定感を高めて自分に自信をもつ方法を紹介しています。

興味がある方はぜひ登録してみてくださいね。

ABOUT ME
リナ | 風俗落ち→彼氏とビジネス開始
リナ | 風俗落ち→彼氏とビジネス開始
親からのDV→SNSで承認欲求満たす→マッチングアプリにハマって風俗落ち→彼と一緒に仕事を始めて脱メンヘラ。 私の詳しいプロフィールはコチラです。