自分を好きになる方法

自分に自信がない人に共通する8つの特徴。克服するためのシンプルな方法

ゆとり世代の人は特に、自分に自信を持てない人が増えています。
「私もそうかもしれない。」と思い当たる方も多いのではないでしょうか。

 

SNSが普及して不特定多数の人と関わりを持てるようになり、他人と比較する機会も増えました。
他人との比較は、自分に自信を持てなくする原因の1つ。
人と関わる機会が多くなったことで、自信を持てない人の特徴が顕著に表れているのです。

 

この記事では、自信がない人に共通する8つの特徴と、自信をつけるための簡単な方法をお伝えします。
自信をつけて人生の幸福度を上げたいと考えている方は、参考になれば幸いです。

■この記事を読んで欲しい人■

  • 自分に自信をつけたい人
  • 自己肯定感をアップさせ、日常を幸せに生きたい人
  • 仕事や恋愛で失敗が続いている人

Contents

仕事や恋愛が原因で自信をなくしてしまう日本人はとても多い

悲しみの表情を見せる女性

日本人は諸外国の人達に比べ、自分に自信が持てない性格です。

 

例えば、営業先と新たな契約を結べた時。
誇ってよい成果ですが、日本人の多くは成功を認めず、自信を持つ機会を失っています。
仕事でミスをした時も同じ。
ちょっとしたミスで上司から指摘を受けただけで、
「自分はこの仕事が向いていない。」「この先生きていけない。」などの過剰な思い込みから自信をなくしてしまいます。

 

恋愛でも同じことが言えます。
「今まで恋人がいたことがない」「他の人よりも顔が整っていない」などの失敗経験から自信を持てなくなるケースも。
恋愛に奥手になると、異性と過ごす時間が無くなるため、人生をより幸せに生きるチャンスを逃してしまいますよね。

 

その他、部活動で結果が出なかったり、勉強でいい点が取れないと、日本人の性格上すぐに自信をなくしてしまうのです。
多くの人が一度は感じたことがあるのではないでしょうか?
分かってはいるけど、自分を肯定するには時間がかかりますし、具体的に何をすればよいか見当が付きませんよね。
だからと言ってそのままにしておくと、生活の様々な場面で損をする可能性があるのです。

自信がない人はあらゆる場面で損をしている

失敗して放心状態の女性

実は、自信がない人は自ら積極的に動けないため、あらゆる場面で損をしているのです。
身近にいるポジティブで積極的な人を思い浮かべてください。
彼ら彼女らは、人生で損をしているように見えるでしょうか?
少なくとも、自信が持てずに行動に移せない人よりは、いつも輝いて見えますよね。

 

対して、自分を肯定できない人は、以下の2つの損をしています。

自信がない人のデメリット

  • 他人からの評価を下げる
  • 失敗から自信をなくす悪循環に陥る

 

自信なさげな立ち振る舞いは他人からの評価を下げる原因に

自分を認めてあげないと、自信のなさはあなたの行動や表情に表れます。
部活動やビジネスの場面で例えると分かりやすいです。
あなたが熱心に練習をせず、強豪校との試合に臨んだ場合、「試合に勝つ」自信は持てませんよね。
その自信のなさがプレーや表情から感じられるため、対戦相手からは「このチームは大したことないな。」と思われ、評価を下げる原因になります。

 

ビジネスシーンでも同様。
あなたが営業をする際に、自分のプレゼンスキルや身だしなみに自信がなければ、良い結果は生まれません。
理由は、取引先の人から見るあなたは、やる気がない営業マンに見えるため。
やる気がいくらあっても、自信がなければあなたが望む結果に繋げるのは難しいでしょう。

 

自身への肯定感がなければ、人生のターニングポイントで思うような結果が出ないことがあります。
自信を持つことは、自己実現にとって需要なカギになることを認識しておきましょう。

 

自信がないせいで失敗し、さらに自信をなくす悪循環に

例に挙げたビジネスシーンを深く考えてみましょう。
自分のスキルや行動に自信を持てないと、どのような事が起こるのか。
1つは、上記で説明したように、他人からの評価が悪くなる。
そしてもう1つは、「失敗に繋がる」という点。
他人から評価されないと、ビジネスでもプライベートでも、あなたが目指す姿(成功)には辿り着きにくくなります。
結果、失敗が続いてしまうため、以下のような負のスパイラルが起きてしまうのです。

  1. 自分に自信が持てない
  2. 自信がないと、プレゼン等を効果的に行えない
  3. その結果、成果に繋がらない(契約を取れない)
  4. 失敗から自信を持てない日々が続く

 

このような状態にはまってしまうと、自分を肯定するのが困難になり、悪い方向にばかり向かってしまいます。
失敗は誰でも怖いもの。
ただ、そこで足を止めてしまうと、成功には近づけません。

しかし、多くの人はどうすれな自信をつけられるのかを知らない

進捗に悩む人

自信は簡単に持てるものではなく、長期間に渡って培われるものです。
「今すぐ自信を持ちたい!」と考えている方も多いと思いますが、「自信のつけ方」を知らなければ困難です。
その方法を理解していないと、いつまでも進展がありません。
あなたも自信がないと感じた時、具体的にどうすればよいか分からないのではないでしょうか。
解決策の検討がつかなければ、問題は解決しません。
自己肯定感をアップさせたいと考えている方は、まず具体的な改善方法を知りましょう。

 

後述では、誰でも簡単に自信を持てる方法をお伝えします。
その前に、自信がない人の特徴を見ていきたいと思います。
自分は自信がある方だと思っていても、意外と当てはまる特徴があるかもしれません。
ご自身の特徴と照らし合わせてご覧ください。

自分に自信がない人に共通する8つの特徴

自信を持てていない人の特徴は、主に8つあります。

  1. ネガティブ
  2. 他人と比較する
  3. 自意識過剰
  4. 失敗を恐れる
  5. 自分を理解していない
  6. 完璧主義
  7. 逃げる、諦める癖がある
  8. 失敗を引きずる

 

それぞれ詳しくご説明します。
あなたの特徴と当てはまるものがないか確認してみましょう。

 

特徴1. ネガティブで自己肯定感が低い

物事を前向きに捉えられず、小さな成功体験でも自分を褒められない人は、自信を持つことは困難でしょう。
後ほど詳しくお伝えしますが、自信は成功体験からも生まれます。
あなたが行った行動で誰かが救われたり、あなた自身が恩恵を受けたのであれば、素直に自信を持つことがオススメです。
あなたが考えているほど、他人からの評価は低くないのかもしれませんよ。
残り7つの特徴も成功体験に関するものが多いため、そこに注目してご覧ください。

 

特徴2. 他人と比べてしまう

「謙虚」と「自信のなさ」は、似ているようで異なるものです。
他人と比較して「多少上達したけど自分はまだまだレベルアップできる。頑張ろう!」と思うのが謙虚。
対して、「自分なんて到底及ばない。もっと頑張らないと…」のように、あなたを肯定しない思い込みは自信がない状態です。

 

そもそも、あなた以外の人と比較する必要はありません。
上を見ても限がないため、いつまでも自信を持てないでしょう。
であれば、自分の成功体験に目を向け、それを褒めることの方がより大切です。

 

特徴3. 自意識過剰で他人の目を気にしすぎる  

他人との比較と似ていますが、他人の目を気にして過ごすと、自分に満足ができない精神状態になりがちです。
「自分は見られているから、認めてもらえるように頑張らないと…」
このような思いを持っている方も多いのではないでしょうか。
自分の成果や行いに満足できないと、当然あなた自身を肯定できませんよね。
他人は思ったよりあなたを見ていないので、ご安心ください。

 

特徴4. 失敗することを怖がっている  

失敗を恐れて足を踏み出せない人がいますが、行動しなければ成功は生まれません。

自信がない立ち振舞い⇒失敗⇒挑戦できない

冒頭でお伝えしたように、自信がなければこの悪循環が起きる可能性があります。
循環を起こさせないためにも、「挑戦できない」を「挑戦できる」に変えて、肯定感をアップさせることがオススメ。

 

特徴5. 自分の強みや魅力を理解していない  

あなた自身の強みや魅力は、誰かに指摘されないと気づけないものです。
自信がない人は弱みばかりに目が行き、強みの部分を意識できていません。
他人にはないあなたの長所を見つけられれば、あなたの優位性が確保され、自信も自然とついてきます。

 

特徴6. 完璧主義すぎる  

完璧な人間は誰一人いないのですが、常に100点満点を目指す人が多いです。
総じて、その人達は自分に満足できていません。
到達できない目標(完璧の定義が曖昧なため)を目指しても、どの時点で達成できたのかも曖昧なため、一向に満足できないでしょう。
自信をつけるには、明確かつ具体的な達成目標を置き、それをクリアするのがオススメです。

 

特徴7. 諦める癖や逃げる癖がついている  

  • 任された仕事が大変だから、他人に押し付ける
  • 大事な試験があるけど、面倒だから勉強しない
  • どうせモテないから、恋愛は諦めた

このように、自分に限界を感じて逃げ癖・諦め癖を持った人は、苦境を乗り越えて成功した経験が少ないため自信が持てません。

 

特徴8. 過去の失敗をいつまでも引きずっている

失敗を引きずるデメリットは3つ。

  1. 次の行動に移行できなくなる
  2. 失敗の情景が浮かんでしまうため、ベストなパフォーマンスを発揮しにくい
  3. 自分に限界を感じる

今までお伝えした特徴をまとめたようになりましたが、失敗は行動を制限させ、思ったパフォーマンスを発揮させません。

 

さらに、自分に限界を感じてしまうため、自信が持てなくなる。
何度もお伝えしていますが、この悪循環にはまってしまうと容易に抜け出せません。

 

自信のなさを克服するための3つのシンプルな方法  

問題を解決するひらめき

「自分を好きになれない。」
「生きている価値を見出せない。」
自信がないとこのような感情を抱いてしまいますよね。
そのような人でも、日常の小さなことから自信を身に着けられます。
方法は3つ。

  1. 成功体験を積む
  2. 他人との比較× 今の自分を認める〇
  3. 他人に受け止めてもらう

 

方法1. 小さなことから成功体験を積み上げる  

先程からお伝えしてきましたが、成功体験は自信の源です。
どんなに小さなことでも問題ありません。
大切なのは、あなたが自分の力で何かを成し遂げること。

勉強面:苦手科目の試験が、前回よりも5点アップ

恋愛面:異性から「優しい」「頼りになる」等の
    言葉をかけられるようになった

ビジネス面:上司に怒られる回数が半分になった

このような少しの変化でいいのです。
今までよりも成長したあなたを褒めてあげましょう。

 

また、「行動できた」ことにも目を向けると、より自己肯定感が上がりますよ。
「○○をやりたい!」と志す人は、平均して全体の約5割。
実際に行動に移す人は3割。
そして続けられる人は1割程度と言われています。
行動できたあなたは、7割の人ができないことを成し遂げたのです。
次はその行動を継続して、成功体験を増やし、自分を褒めてあげるのがオススメです。

 

方法2. 他人と比べることをやめて、ありのままの自分を認める  

あなたの成功体験に目を向けるだけで自信は持てます。
そのため、他人と比較する必要はありません。
あなたよりも仕事ができて、恋愛でも充実した生活を送っている人は多くいるでしょう。
ただ、その人達に目を向けると、あなたの魅力が隠されてしまいます。

 

優れた人と比べるより、今のあなたの長所やスキルと向き合いましょう。
優先すべきことは、あなたが自信を持つこと。
そこから他人と比較して、自分の足りない部分を知り、さらなる成長に繋げる方がレベルアップには効果的です。

他人との比較は優先順位が低い。
まずは自信を持ち、生産性を維持するのが成功への近道!

 

方法3. 他人に受け入れられる経験をする

自分で自分を認めるのも必要ですが、それでは限界があります。
並行して、誰かに受け入れられる、つまり褒められたり、感謝される経験をするのがオススメ。
自己評価には嘘や甘えがありますが、他己評価には偽りがほとんどありません。
誰かからの感謝や賞賛は、あなたの自信を生むのに効果的です。
自信がない人は、他人に働きかけることが億劫になりがちですが、勇気を出して小さなことから取り組んでみましょう。

他人の幸せを叶えるために動くと、自分の幸せ(やりたい事・叶えたい夢)を蔑ろにしがち。
あなたの夢を明確にしておきましょう!

 

とはいえ、実際にはありのままの自分を認めることは難しい

自信を持つポイントをお伝えしましたが、実際は自分を認めるのには時間がかかります。
確実に自信を持てる保証もありません。

 

例えば、「営業でクライアントを1件獲得できた!」という成功体験をした時。
あなたは自分を褒めれても、他者からすると「そこまで凄い成果ではない」と感じられるかもしれませんよね。

 

確実に他者から認めてもらい、自信に繋げられる方法は、「価値があるものに貢献すること」です。
価値の定義は環境や人によって異なるため、正しいニーズや価値を捉え、あなたの持つスキルで貢献するのがポイントです。
そうすれば、誰かから褒めてもらえますし、ニーズがあるところには報酬もあるため、自分を認める材料となるでしょう。

 

では、具体的に何をすればよいのか?
以下で詳しくお伝えします。

適切な環境で価値を提供し、報酬を貰うことで自信に繋がる

 

他者に貢献して「お金を稼ぐこと」は自信をつける近道 

新しい働き方もある

「お金」は信頼の数値。自分の価値に気づくことができる  

お金は信頼を表す最も分かりやすい価値です。
ニーズがあるものに貢献すれば、自然とお金(報酬)は高くなります。
自分に自信がない人は、まず自分が貢献できる分野を探し、あなたのスキルを活かして誰かに貢献することをオススメします。

 

例えば、近年利用者が増えているクラウドソーシングでも価値を提供できます。
ライターやプログラマーのような専門職以外にも、録音の書き起こしなどノンスキルでも可能な貢献方法もあります。
そこでクライアントから褒められる経験ができれば、より自己肯定感がアップするでしょう。

 

まずは簡単に稼げる仕事でお金を稼ぐことからはじめよう

自信をつける方法は、「自分に自信がない人に共通する8つの特徴。克服するためのシンプルな方法」という記事で詳しく説明しています。

合わせて読んでみてくださいね。

まとめ:自分の力でお金を稼いで自信のなさを克服しよう

人は容易に自信を持てない生き物。
あなただけではありません。

 

しかし、自信がないと生活環境で損をしてしまう可能性があります。
最悪の場合、自分を肯定できない状態が続き、失敗の連続で人との関りが困難になることも。

 

そこで、以下の「自信を持てる方法」を意識して、今日から過ごしてみるのをオススメします。

  1. 成功体験を積む
  2. 他者から評価されるように動く
  3. 他人と比べず、自分の魅力を発見する
  4. 価値を提供し、報酬(お金)を頂く

 

何をしたら良いか分からない人は、自分のスキルを活かして小さな成功体験(お金を稼ぐ経験)を積み上げてみましょう。
他者からの肯定は、自信を持つための近道です。