自分を好きになる方法

自分を好きになる5つの方法。自分を好きになれない原因と解決策

自分を好きになることは人生を充実させるために重要なこと。

わかってはいるけど「何をやっても自分に自信がない」「自分を好きになれない」といった悩みを持った人も多いのではないでしょうか。

今まで何度となく自己嫌悪に陥ったこともあるでしょう。
「なんで自分はこんなに自己肯定感が低いんだろう…」
もし、そう思ったことがあるなら、自分を好きになるための手段を知るべきです。

そのためにも、まずは周りの人からも好かれるくらい自信を持つ必要がありますね。

自分を好きになるためには他人からの感謝、それを元に自身を肯定できる経験を積むべきです。

この記事では、

  • 自分を好きになれない6つの原因
  • 自分を好きになる5つの方法
  • 自分を好きになれない人におすすめの仕事

について解説します。

自分を好きになりたい人の参考になれば幸いです。

自分を好きになれないと仕事も恋愛もうまくいかない

自分を好きになれないと仕事も恋愛もうまくいかない

自分を好きになれないと、以下2点のような問題が起こります。

  • 仕事では自信のなさから失敗を繰り返してしまう
  • 本当に幸せになれる恋愛ができない

仕事では自信のなさから失敗を繰り返してしまう

自分を好きになれないと、自信のなさから失敗を繰り返してしまいがちです。

自分に自信がないと、仕事をしてるときに過去の失敗した経験が頭によぎります。

「また失敗したらどうしよう」と不安になることってありますよね。

 

すると、次に何かをするとき、無意識のうちにブレーキがかかります。

 

たとえ過去の失敗から「次はこうしよう」と改善策を考えていたとしても、過去のトラウマから自身を守ろうと脳が勝手に働くのです。

こうして、気持ちに余裕がなくなると、考えていた改善策もその場で頭から抜け落ちてしまいますね。

自分に自信がないが故に、失敗を繰り返すという負のスパイラルに陥るのです。

自信のなさから仕事で失敗を繰り返す理由

  • 失敗した過去のトラウマが今の行動を抑制する。
  • 失敗を恐れるあまり、改善策を実行する余裕がない。

本当に幸せになれる恋愛ができない

自分に自信がないと、本当に幸せになれる恋愛ができません

恋愛をする上で一番大切なことは、自分を愛することです。

自分に自信がないと、自分のことを好きだと言ってくれる人のことを信用できません。

自分が好きでない自分を好きだなんて、本当かどうか疑ってしまいます。

 

また、自分が相手のことを好きだと思っても「こんな私のこと好きになってくれるわけない」と信用できず、否定的になってしまいます。

自分に自信がない人は好意を伝えられない人が多いです。

 

たとえ両思いになったとしても、自分を相手より下に考えてしまうので対等な関係を築くことが難しくなります。

恋人と対等な関係でないのでいつも気持ちの中に不安が残り、その結果うまくいかなくなります。

自分に自信がないと自分も相手も信用できないので、幸せな恋愛をすることができません。

自信のなさで本当に幸せな恋愛ができない理由

  • 相手の好意を信用できない。
  • 自分が好きな相手に積極的になれない。

自分を好きになるためには原因と解決策を知ることからはじめよう

自分を好きになるためには原因と解決策を知ることからはじめよう

自分を好きになるためには、自分を好きになれない原因とその解決策を知ることが重要です

自分に自信がないと無意識のうちに自分のことをまっすぐ考えることが減っていきます。

好きになれない自分を考えることが精神的に辛くなってしまうからです。

まず自分を好きになるためには、自分のことを深掘りして考えましょう。

自己理解を深めて、なぜこんなにも自信がないのかを知ることが必要です。

自分を客観的に理解することで、自分を好きになれない原因が見えてきます。

自分を好きになれない原因が見えれば、自分を好きになるにはどこを改善すれば良いのか対策を練ることが可能です。

自分を好きになるために、まずは自分を好きになれない原因と解決策を知りましょう。

自分を好きになれない6つの原因

自分を好きになれない6つの原因

自分を好きになれない理由は6つあります。

  • 原因1. 完璧主義すぎること
  • 原因2. 他人と比べるクセが付いていること
  • 原因3. 自分を大切にせずに自己犠牲していること
  • 原因4. 不健康な生活を送っていること
  • 原因5. 不幸な恋愛ばかりをすること
  • 原因6. 減点方式で自分を評価していること

ここではそれぞれについて説明します。

原因1. 完璧主義すぎること

完璧主義すぎると自分を好きになれません。

もちろん、自分がより理想の状態に近づくように行動できることはすばらしいです。

 

しかし、理想が高く常に100点でいたいと思ってしまうと、それに達していない自分はダメだと自信を失いがち。

完璧主義だと100点か0点かという極端な価値観になるので、自己肯定感は自然と低くなります。

完璧主義がすぎると、たとえ80点で周りから評価されたとしても納得することができません。

もっとこうすればよかった、80点ならやらないほうがよかったと思ってしまいます。

完璧主義の人は、100点を求めた自分に80点しかついていないことは、自分への期待を裏切ったと考えてしまいます。

 

そして、この自分への過度な期待と裏切りが自分を嫌いになる原因となるのです。

いきすぎた完璧主義は自己肯定感を低くするので注意が必要になります

原因2. 他人と比べるクセが付いていること

自分を好きになれない理由として、他人と比べるクセが付いているということが挙げられます。

自分と他人は全く異なるものです。

そもそも比べること自体難しいし、意味のないこと。

 

しかし、日本のような競争社会で育つと他人と比べるのが当たり前で、人より優れていることに意味があるという価値観になる人が多いです。

自分にないものを持っている人に対してうらやましく思ったり、なんで自分にはそれがないのかと妬んだりしてしまいます。

人はみんなそれぞれの良さを持っているものです。

他人が持っていて自分にないものもあれば、自分しか持っていないものも必ずあります。

それなのに全く異なる他人と自分をを比べて、劣っていると思ってしまうクセで自分を好きになれなくなります

原因3. 自分を大切にせずに自己犠牲していること

自分を大切にせずに自己犠牲していることも、自分を好きになれない原因となります。

人との関わりの中で自己犠牲に動いてしまう人は優しい人が多いんですよ。

頼まれたら断れずになんでもやってあげたり、問題が起こりそうなとき自分が我慢すればうまくいくならそれでいいと思って我慢したり。

最初はそれでうまくいきますが、次第に我慢することに疲れてきます。

自己犠牲が続くと、なんでこんなに疲れてまで我慢しないといけないんだろう。断れない自分がいやだ。という気持ちになりやすい…。

 

その結果、うまく立ち回れない自分が嫌になってきます。

自分を大切にすることなく人のために自己犠牲していると、自分がどんどん好きでなくなってしまうのです

原因4. 不健康な生活を送っていること

不健康な生活を送ることも、自分を好きになれないことに繋がります。

添加物の多い食事、お酒、タバコ、睡眠不足など、身体に悪い生活を送っていると、体調不良を引き起こします。

 

また、身体に悪い生活は肌が荒れたり、太ることの原因。

すると外見から自分に自信がなくなっていきます。

 

さらに、不健康な生活は身体的な影響だけではありません。

不健康な生活は精神的にも悪影響を及ぼします。

こんな生活ダメなのに。なんとかしなきゃ。とわかっていても、生活を改善できない自分がどんどん嫌になり認められなくなります。

自己嫌悪な考え方が続くと、うつ病などの原因にもなりかねません。

うつ病に近い状態になるとどうしても自分を否定してしまいます。

健康的な生活を送ることで身体だけでなく精神的にも元気になり、自分を好きになることが可能です

原因5. 不幸な恋愛ばかりをすること

自分を好きになれない原因として、不幸な恋愛ばかりをすることが挙げられます。

好きな人に大切にされなかったり、傷つけられたトラウマから心を閉ざしてしまいます。

不幸な恋愛ばかりしている人は、好きな人から言われたこと、されたことで傷つかないために最初から自己否定をするのです。

 

そうすれば好きな人に否定されても、「それは自分でもわかっていたことだから大丈夫。」と考えるようになります。

自己否定することによって自分への期待値を低くして、傷つかないように自分を本能的に守っています。

自己否定で自分の精神をなんとか保とうとがんばりすぎることが、自分に自信がなくなる原因です。

不幸な恋愛を繰り返すことでますます自分を好きでなくなります。

原因6. 減点方式で自分を評価していること

減点方式で自分を評価していると自分を好きになれません。

自己評価の低い人は自分のマイナスなポイントに目がいきがちです。

自分だけでなく人に対する評価も減点方式で見てしまいます。

女性は特に減点方式で物事を捉える人が多いです。

減点方式での考え方が固まってしまうと、プラスな面があったとしても加点することがありません。

プラスなことがあっても、もっとこうできたのにとマイナスに考えてしまうこともあります。

一度評価しだすと、それ以降は100点に近づくことができないのです。

自分を好きになりたいのに減点方式の考え方が染み付いていると、素直に自分を評価することが難しくなります。

人は自分のプラスなポイントを認めて受け入れることで、自分を好きになっていきます。

減点方式で自分を評価しているといつまでも自分を好きになることができません。

自分を好きになる5つの方法

自分を好きになる5つの方法

ここまで自分を好きになれない6つの原因を説明しました。

自分を好きになれない6つの原因に一つでも当てはまるものがあった人は、次に紹介する自分を好きになるための5つの方法を実践してください。

  • 方法1. 自己犠牲をやめて自分を大切にする
  • 方法2. 小さな成功体験を積んでいく
  • 方法3. 他人と比べることをやめる
  • 方法4. 人に感謝されることをする
  • 方法5. お金を稼ぐ

方法1. 自己犠牲をやめて自分を大切にする

自己犠牲をやめて自分を大切にすることは、自分を好きになるための第一歩です。

自己犠牲になりやすい人は、人を優先する平和主義で優しい人が多いです。

最初は自分が我慢すれば良いと思ってやっていることでも、知らないうちにストレスが溜まっていきます。

自分だけの我慢だと思ってやってきたことが、実は周囲との関係を歪ませていたということにもなりかねません。

自己犠牲の考えの人はうまくいかないとき他人や自分をを責めてしまいます。

そうなるとますます自分が嫌いになります。

 

まずは自分を大切にしましょう。

自己犠牲によって相手が幸せかどうかは相手にしか決められません。

同じように自分の幸せを決めるのも自分です。

不確定な他人の幸せよりも、今の自分の幸せだと思える言動に重きをおいてください。

無理に人に合わせないことでストレスが減り、精神的に楽になります。

自分らしく自分を幸せにできていることを認めて、自分を好きになりましょう。

方法2. 小さな成功体験を積んでいく

小さな成功体験を積んでいくことは自分に自信をつけることに繋がります。

成功体験と聞くと、何かすごいことを成し遂げないといけないのではと思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

  • いつもより朝早く起きることができた。
  • ごはんがきれいに盛り付けられた。
  • 丁寧に洗濯物がたためた。

これらは成功でもなんでもないことだと思うかもしれませんが、日常の当たり前の中にある小さな体験で大丈夫です。

いつもより早く起きるという自分との約束を守った。

この事実が自信になります。

いつもより進歩できた自分を褒めてください。

毎日少しずつレベルアップすることで達成感や充実感が生まれ、自己肯定感に繋がります。

小さな成功体験の積み重ねによって自分を好きになることが可能です。

方法3. 他人と比べることをやめる

自分を好きになる方法として、他人と比べるのをやめることが効果的です。

他人と比べることをやめるにはまず、相手も自分と対等な人間と認識することが重要になります。

自分と他人は全くの別物です。

価値観も能力も異なる人間を正確に比較して優劣をつけることはできません。

自分にないものを持っている人に劣等感を感じる必要は全くないです。

逆に他人にないものを自分は持っていると思うようにしてください。

自分の価値を再認識して、比較する対象は過去の自分であることを意識しましょう。

 

そして、過去の自分より今の自分が前に進むことができたときは「自分はなんてすごいんだ」と、最大限に自分を褒める習慣をつけることが大切です。

自分と他人は対等な人間で、比べる必要がないと思うことで自分に自信が持てます。

方法4. 人に感謝されることをする

人に感謝されることをすると、自分を好きになることができます。

人に感謝されるということは、自分の行動が他人から認められたということです。

感謝されることによって自己肯定感が高まっていきます。

人に感謝されるために一番効果的な方法は自分が人に「与える」ということです。

人に与えるときの注意点は見返りを求めないこと。

相手に見返りを求めると与えることがだんだんとストレスになって、私はこんなに与えているのにという気持ちになります。

せっかく自分を好きになりたくてやっていることが重くなるとしんどいですよね。

無理なく自分が他人に与えて感謝してもらう。

この積み重ねで自分は周りの人から必要とされていることがわかるようになります。

人から感謝されることで自分をどんどん好きになることが可能です。

方法5. お金を稼ぐ

自分を好きになるためにはお金を稼ぐことです。

お金は自分が行った仕事に対して支払われるものですよね。

金額が数値になって見えるので、自分がどれだけ人や社会に貢献したかがわかりやすいです。

自分が稼いだ金額は周りが自分の価値を認めてくれたからこそ発生したもの。

自分が周りに対して意味を持って働くことができた証です。

お金を稼ぐことで、自信を持って自分という存在を認めることができます。

 

また、お金があれば精神的な余裕もできるので、自分のやってみたかったことに挑戦しやすくなります。

自分のやりたいことをやっている自分はさらなる自信に繋がります。

周りの人に感謝されながら自己肯定感を高めていくには、お金を稼ぎましょう。

お金は感謝の対価。他人から認めてもらう経験ができる

お金は感謝の対価。他人から認めてもらう経験ができる

ここまで自分を好きになる方法として

  • 自己犠牲をやめて自分を大切にする
  • 小さな成功体験を積んでいく
  • 他人と比べることをやめる
  • 人に感謝されることをする
  • お金を稼ぐ

といった5つのポイントを説明しました。

自分を好きになるには自分を認めて、他人に認めてもらうことが重要です。

 

しかし、いきなり自分を好きになって認めることはなかなか難しいかもしれません。

 

まずは自分がやったことに対して他人に認めてもらい、感謝の気持ちとしてお金を得ることをおすすめします。

お金を稼ぐことができれば人や社会に感謝されます。

また、お金を得ることで自分の価値が発生する成功体験をすることが可能です。

成功体験によって自分の価値がわかると、もっと自分を大切にするようになります。

自分を好きになれない人は、他人に感謝され肯定される経験をすべきです。

他人に肯定され感謝の対価としてお金を受け取ることで、次第に自分のことも好きになれます。

自分を好きになれない人におすすめの仕事

自分を好きになれない人におすすめの仕事

ありのままのあなたを認めてもらえる「パパ活」

ギャラ飲みで簡単に稼ぐ!

Pato

Pato

posted withアプリーチ

直接合わずにお金を稼ぐなら「チャットレディ」

在宅でガッツリ稼ぐ!

今すぐチャットレディを始める

安全な高収入バイトがしたいなら「ガールズバー」

接客好きにはオススメ!

今すぐガールズバーで稼ぐ